VOLVO V90CC + Buck

新世代VOLVO、なぜか電球のままの部分があります。コレは「しまりす堂」にチャンスを与えるため、と勝手に解釈してLED化のお手伝いをしております。

今回はボルボV90CC バックランプLED化。制御は同一なのでV90にも同様に対応可能です。

今回はユーザー様にご検証いただいた結果、外付けキャンセラーが必須という結論。そこが少々面倒ですが、電球とオサラバできるという意味においてペイするコストかと認識しております。

分岐タップで装着。
※この例では片側はハンダ付け処理されております。もちろん両側分岐タップで問題ありません。
キャンセラーは中央に寄せて固定。バックランプという性格上、発熱は微々たるものですが
この装着方法ならばより安心。

LED+キャンセラー、セットで納品させていただきます。検証済みの安心感をどうぞ。

もちろん明るさはこの通り

せっかくの新型、バックランプも抜かりなくLEDにしたいですよね?

今回は検証にご協力いただきありがとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中