CROWN ESTATE + 13W Buck

今回13Wヒートシンク仕様バックランプの画像をご提供いただいたのはクラウンエステート。しかもこのオーナー様、36万キロほど走行されているとのこと。ここまで愛されたエステートは幸せだと思います。※「こりす堂」ではこちら

DSC_0018.JPG

まずは通常夜間の撮影。ナンバー処理が必要ですね。

DSC_0019.JPG

バックランプ点灯時。ナンバー処理が不要になりました。

DSC_0022.JPG

この路面が

DSC_0021.JPG

こうなります。

DSC_0020.JPG

さらに別角度から

t16バックランプですが作業が無事に終了しました。
今までのT10 5730 18灯拡散も純正ランプよりも十分明るかったのですが、少し視力が悪いのと社寺の仕事で真っ暗闇の山中を走ったりとで、もう少し明るいバックランプが必要でした。
ヘッドライトやフォグランプに関してもこの辺りの事が有りますので、少しでも明るい物が欲しいのです。

ナンバー灯にフィリップス製を使用していますが、取り外したT10 5730 18灯拡散を装着出来れば使いたいと思います。
これで外装のランプ類は全てしまりす堂製になりました。
作業前の写真は撮っていませんが、作業後の写真を送信致します。

エステートのバックランプカバーは飲み物のグラスの様に縦にカットが入っています。
作業後のled本体のゴムは本来の位置から1㎝程発光面に近づいていますので、従来のランプの点灯位置から少し奥で発光しています。

ですからカバーから少し距離が出来まして、カット面が地面にハッキリと映る様になりました。
かなり明るくなって非常に見易くなっていますが、カット面の明暗も出る様になって少し微妙な感じも有ります。贅沢な悩みです。

カバーのカットが縦に入っていますので発光面を横方向に設置しましたが、縦方向にするとどうなるのかとも思っています。
購入された方の発光面の向きはどの様にされているのでしょうか? やはり普通は発光面を横方向に取り付けますよね。

とにかく非常に明るくなっていますので写真を御確認下さい。自宅前での撮影ですのでクラウンの後部に街灯が有ります。スマホでのフラッシュ無しでの撮影です。

とのこと。この明るさが伝わりますでしょうか・・・

クラウンエステートも、そのままでは取り付けできませんので、バルブ加工作業が必要となります。お申し付けいただければ加工して納品いたしますので、ご安心ください。

今回はありがとうございました!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中